結婚報告のはがきは出すべき?それとも年賀状と一緒でも大丈夫?

年賀状

「私達、結婚しました」という報告を、新年の挨拶と兼ねて「結婚報告年賀状」を送るのが通例となっています。

 

「年賀状を出す」という行為そのものが、SNSでリアルタイムにつながりが持てる現代において、「時代にそぐわず面倒だ」と思われがちであるにも関わらず、「結婚報告の年賀状」は若い世代でも浸透しています。

 

そこで幾つか浮かぶ疑問について考えてみました。

スポンサーリンク

結婚報告はがきと年賀状、出すならどっち?

マナーを遵守するなら結婚報告はがき

 

挙式・披露宴を挙げた後、「結婚しました」という報告をはがきでするのがマナーとなっています。

 

結婚報告のはがきを出すタイミングは、だいたい結婚式が終わってから2カ月以内に送るのがベストとされています。

 

でも、「新生活でバタバタしてて、出そう出そうと思いながら、結婚報告のはがきを出しそびれちゃった!」なんてこともありますよね。

 

一番いいのは、やはり結婚式を挙げてから2カ月以内に、

 

「結婚式に参列してくださり、その節はありがとうございました。これから2人で新生活をスタートさせますが、今後とも引き続きよろしくお願いします。」

 

という意味を込めて、御礼状として結婚報告はがきを出すことです。

 

地域性やその人柄など、色々な感じ方をされる方がいます。

 

結婚式に出席された方々の中には、ほとんど会うことがないような遠い親戚の方もいれば、自分たちと心の距離も近い親戚もいます。

 

「遠路はるばる出席したのに、挨拶状も送ってこないなんて何て今の若い者は非常識な!」なんて思う年輩の方も少なからずいます。

 

結婚を報告するはがきは、お礼状の意味が込められているので、「送らない」よりは「送った方が無難」です。

 

「いちいち送ってこなくても良かったのにね~」と思われるよりも、「なんで送ってこないんだ!」と思われない方が、後々面倒がなくて良いものです(笑)

 

年賀状で結婚報告しても問題なし

 

自分たちがきっちり挨拶状を出したい場合や、ここはちゃんとマナーを遵守しておいた方が良さそうだな・・・という場合は、結婚報告はがきを結婚から2カ月以内に出しましょう。

 

そうでなければ、新年の挨拶を兼ねて年賀状で報告するのも特には問題はありません。

 

ただ、結婚式を挙げた時期にもよりますよね。

 

例えば、1月に結婚式を挙げた場合、年賀状で報告するのは非常に間延びした感じがして、今更感も非常に漂います。

 

結婚式に出席してくれたお礼状も兼ねているとしたら、遅すぎる感は満載です。

 

そんな時は、季節の節目の挨拶状(暑中見舞いや年賀状)と兼ねるという方法がお勧めです。

 

まずは、単独で「結婚報告はがき」を出すのか出さないのかを相談し、「出さない」という結論に至った場合、もしくは「出しそびれた」という場合は、暑中見舞いや年賀状と兼ねて出しましょう。

 

関係性で使い分ける

 

マナーを遵守するなら「結婚報告はがき」を出すのがベストですが、「年賀状で報告」するというのもありという上述の前提を踏まえた上で、もう少し掘り下げてみようと思います。

 

結婚式に出席してくれた人

 

結婚式に出席してくれた人たちに送る結婚報告ハガキは、「貴重な時間を割いて私達の結婚式のために足を運んで頂きありがとうございます」という、感謝の気持ちを込めたお礼状として送るものなので、出席者全員に送りましょう。

 

【結婚報告はがきを出す場合】
挙式後、2カ月以内に出す

 

でも、最近は純粋に結婚報告だけのはがきをもらう機会は減ってきており、季節の挨拶状と兼ねることの方が多く見られます。

 

結婚報告はがきは特には出さず、暑中見舞いや年賀状と一緒に報告したいという場合は、以下を参考にしてみて下さい。

 

【季節の挨拶状と兼ねる場合】
1月~5月の挙式「暑中見舞いと兼ねる」
6月~7月の挙式「残暑見舞いと兼ねる」
8月~12月の挙式「年賀状と兼ねる」

 

とはいえ、暑中見舞いを出す習慣は年賀状を出す習慣よりも馴染みがないですので、あと1~2か月もすれば年賀状の時期になるしという場合を覗いては、結婚式から2カ月以内に結婚報告のはがきを出すのが良いと思います。

 

結婚式に呼んでないが、付き合いのある人

 

結婚式には人数の関係上招待出来なかったけれど、友人や職場関係の人など、付き合いがそこそこある人もいますよね。

 

結婚式には呼べてないけれど、今も、これからも付き合いがある人たちには、結婚して姓や住所が変わったことを知らせるためにも、結婚報告はがきを2か月以内に出すようにしましょう。

 

お祝いを頂戴している場合などは、結婚式の様子が分かるように、結婚式当日や前撮りの写真を使って、どんな結婚式だったのか雰囲気が分かるような写真入りの結婚報告ハガキがお勧めです。

 

この場合も、マナーを遵守するなら結婚式から2カ月以内に結婚報告はがきを出しましょう。

 

ただし、結婚報告はがきを出す時期から1~2か月もすれば新年を迎えるというタイミングであれば、年賀状で報告するのも良いでしょう。

 

普段行き来のない親戚や知人

 

普段行き来のない親戚・普段あまり接点のない知人や友人の場合は、結婚報告は年賀状で問題ありません。

 

逆に、「結婚しました」という報告ハガキを2カ月以内に発送すれば、受け取った側は「お祝いの催促?」と受け取られてしまうかもしれません。

 

結婚式に招待していない親戚で、結婚報告をどこまでするのかはお互いの両親と良く相談をして、結婚報告ハガキの対象に入れるのか、年賀状で済ませる対象に入れるのかを決めるといいですね。

 

年賀状のやり取りしかない人

 

もう1年に1度の年賀状でしか付き合いが残っていない人には、年賀状に結婚して姓や住所が変わったことをサラリと報告する程度でOKです。

 

まとめ

 

色々なケースを想定してみてきましたが、基本的には結婚式が終わってプロの写真も出来上がった頃が、丁度挙式から2カ月以内に収まってきますので、その時に合わせて結婚報告のはがきを出すのがベストになります。

 

時期的に暑中見舞いや年賀状といった季節の挨拶状と兼用できるのであればそれもOKですが、「暑中見舞いを送る」のも「結婚報告はがきを送る」のも同じ手間ですので、8月以降の結婚式の場合は年賀状と兼ねて、8月以前であれば兼ねないというのが良いのでは?と思います。

 

おしゃれな結婚報告の写真入り年賀状を安く作りたいならココ!
オシャレだけど値段が高すぎる結婚報告の年賀状は予算的に無理。でも、予算を抑え過ぎてダサいデザインはもっとイヤ。そこで、そこそこオシャレなデザインの結婚報告年賀状が良心的な安さで作れる業者を2つご紹介します。
【2019年】結婚報告の写真入り年賀状が作れるサイト5選!
結婚式に参列してくれた方々、結婚式には呼べなかった友人や日頃お世話になっている方々へ送る結婚報告の年賀状。 年賀状を送るのは毎年のことでも、結婚報告を兼ねた年賀状は一生に一度。 おしゃれで素敵な結婚報告の年賀状が作れるサイトをご...
スポンサーリンク
年賀状結婚報告
petit96verをフォローする
ネットプリントnavi

コメント